2015年6月アーカイブ

4月の札幌セミナーを終えて

| コメント(0)


年々ペットの為に「手作りごはん」をする飼い主さんが増えてきています。
犬や猫には、とても喜ばしい変化です。
そしてできれば『犬や猫の自然食=身体に合ったごはん作り』をして健康な生活を送って欲しい。そんな願いで取り組んでいるのが、アーカ(アニマルヘルスケア協会)です。

色々な方法や情報が雑誌やweb上で取り上げられていますが、『犬と猫の基本となる食事は何なのか』を理解していれば間違うことはないでしょう。大事なことは、犬と猫を知ることだと思っています。


4月12日、13日の連日開催となった『札幌犬猫手作りごはん部』主催のセミナーにアーカが講師として招かれました。講師は、アニマルヘルスケア協会の正会員が壇に立ちます。
昨年10月に初めて札幌に招かれてから2度目の来訪となりました。(前回は、小野みち代講師です)
前回の参加者さんから好評をいただいたという流れで、この春にも札幌に立つことができたことをとても嬉しく思います。参加をしていただいた飼い主さんたちには、犬と猫を知るという観点からを食事のことをアプローチできたと確信しています。


春のセミナーのスケジュールは3部構成でした。

4月12日(日)
1部 健康ごはん基礎編
2部 健康手作りごはん編
tn.jpeg


4月13日(月)
3部 健康ごはん基礎編

tn-1.jpeg


1、3部の「基礎編」では、ペットフードの選び方を読み解きながら、ラベル表示やチラシ広告からは知ることができないフードのリスクについてもお話ししました。

基礎編では、『犬や猫の基本となる食事とは何か』をお伝えします。
この基本的な考え方さえ分かっていれば、フードの選び方や自然食の作り方も筋道が立ちます。あとは犬種や猫種、疾患別、年齢など、個体差によっての調整を見てあげればよいのです。ただし疾患別などの対応には少しばかり知識(勉強)が必要となりますので、更なるステップアップが求められます。

セミナーの最後に、ペット用ドライフードを利用したトッピングごはんの「デモンストレーション」を行いトッピングをすることによりバランスを崩してしまう場合も多く見受けられることから、今回は良い例と悪い例をお見せしました。

トッピングをしている飼い主さんからは「知らないとは怖いですね」という声が上がっていました。トッピングして良い食材とNG食材について、食事の基本的な考え方が分かっていれば食材選びに悩むことは無くなります。

tn-2.jpeg


講師が言うのも変ですが(笑)
両日共、「あっ!」という間の2時間セミナーでした。
13日の講義にはトリマーの方々が参加され、犬や猫に係わるプロの皆さんにも食の大切さを伝えする機会になり、新しい繫がりができたことを嬉しく思います。
私たち「人」の繫がりから、犬や猫の健康と幸せに繋がってくれることがとても喜びになります。


そして2部「手作りごはん編」では、
ペットフードに頼らずに「自然食(手作りごはん)」を取り入れていきたい。という飼い主さん向けの内容となります。
少し専門的なことにも触れながら、更に基本的な考え方を裏付けできるためのお話しをしていきます。こちらもセミナーの最後に、自然食(手作りごはん)の作り方の「デモンストレーション」を行いお見せしました。

tn-3.jpeg


 こんなに簡単でいいの?
 わたしもやってる!
 これも使って良い食材なんですね!

デモンストレーションは、それぞれの飼い主さんの生の声が伝わってくる一番楽しい時間でもあります。そして講師のテンションも上がり、次にはあれもこれも伝えたい。そんな想いがわき上がる瞬間でもあります。

「札幌犬猫手作りごはん部」の主催者でもありますyukiさんのマンパワーには毎回驚かされております。そして今年の秋セミナーの開催に向けて、もうすでに動いていらっしゃいます。
北海道の飼い主の皆さんに、犬と猫の健康に繋がるお手伝いを食事からアプローチできることを大変喜びに感じています。

ペットの食事を意識されている飼い主さんへ...
食事の見直すことは、必ず家族の一員である犬や猫たちの健康に繋がることに間違いのない一歩となることでしょう。それは私たち講師も犬や猫の飼い主であり、食事のケアの大切さを身を持って経験し実感しているからこそ自信を持ってお伝えできることでもあります。

また札幌の地で、自然食(手作りごはん)に関る様々な情報を皆さまにお伝えできればと願っています。
See you again in Sapporo


書き手&講師 けづかともこ


AHCAホームページ
札幌犬猫ごはん部BLOG