暑い季節は要注意!

| コメント(0)

暑い日が続いていたかと思うと大雨続き、まだまだ残暑もやってきますね。
今回は暑さについてです。
人ももちろんですが、毛皮をまとったワンニャンにとっても厳しい暑さは大敵です。
生まれた国の種類にもよりますが、一般的に犬猫にとっての適温は18~25度です。

人も熱中症対策を取るのと同様、犬猫にもケアが大切です。

室外で飼っている場合、日向やアスファルトや車通りの多い路面、
熱風にさらされる場所は絶対に避けましょう。
犬猫のいる場所の暑さのチェックや気配りを厳重にし、日よけと風通しなど工夫します。
厳しい暑さの時は、外犬でも風通しの良い玄関先やエアコンで涼しくした室内など
涼しい場所で過ごさせるようにしましょう。
お水もあっという間にお湯になる季節、マメな水替えやワンニャンの水分補給も忘れずにしましょう!

室内では、ほとんど窓を締めて留守にする際はエアコンがついていることを確認して
出掛けましょう。窓を全開で風通しを良くしている場合でも、この頃の気温では熱中症になる可能性は十分あります、犬猫は汗がかけないため暑さに弱いですから、常に注意を払い、対応してください。
自分が室内で暑いと感じたら、動物はもっと辛さを感じていると思いましょう。
猛暑の日、小さな窓を開けて換気扇付けて...くらいで何時間もその中で過ごせますか?
自分自身がキツいなと感じることは絶対避けるようにするのが安全策です(^ ^)

お散歩の時間も、早朝や夜など出来る限り気温の低い時間に行きましょう。
暑い中での運動はなるべく避けて、暑く照りの厳しい環境での長時間のお散歩は控えましょう。
人の大人は二足歩行で足も長いですが、犬猫はそれよりもずっと地面に近く接しています。
地熱や照り返し、車の排気ガスや熱風にも私達が思う以上にさらされています。
要注意して下さいね!
私はよく自分の頭を犬と同じ高さにしてチェックするのですが、アスファルトの多い都内や関東の夏は、本当に、非常に厳しいです。
大切なワンちゃん、ニャンちゃんをしっかり守ってあげましょう!

手作りごはんの良さはここでも発揮されます。
暑さでストレスも多い季節、天然の野菜や果物からのビタミンCも欠かせません。
疲労回復に酵素のある生のお肉や内臓、身体を冷やしてくれる野菜や果物など、
柔軟性の高い手作りごはんだからこそ出来る犬猫へのケアがあります。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいね!

コメントする